薄毛の原因は毛周期にあり

薄毛の原因は毛周期にあり

薄毛について考える際、抜け毛の量よりも質に注意が必要なのは、毛周期が関係しているからです。毛髪は、まずどんどん太く長く伸びていく成長期があります。ある程度まで成長すると毛根が退化する退行期に入り、さらに休止期になると成長が完全に止まります。成長が止まった毛髪はやがて抜け、休眠期(成長前期)を経て新しい髪が生える成長期が再び始まります。
この毛周期が正常にはたらいている間は、薄毛の心配がありません。薄毛になるきっかけは、ほとんどが毛周期の異常です。抜け毛に産毛のような細く短い毛が混ざっているなら、成長期に毛髪が完全に成長しないまま休止期に入っている可能性が高いでしょう。毛髪1本1本が細く弱くなっているため、頭髪が透けたり量が減ったように見えます。毛髪が抜けた後、休眠期のままずっと次の毛髪が生えてこないケースもあります。
何らかの理由で毛根がずっと休止している状態です。薄毛が気になっている人は、抜け毛や毛髪の状態をよく観察しましょう。育毛シャンプーを選ぶにも、毛周期のどの段階に作用するものが良いのか、考える必要があります。毛周期も体のほかの部位の新陳代謝同様、生活習慣やストレスに影響を受けます。