男らしい人は薄毛に注意?

男らしい人は薄毛に注意?

「男性ホルモンが多い人は薄毛になりやすい」と聞いたことがある人は多いでしょう。体毛やヒゲが濃く、男らしい体格の人は薄毛になりやすいという説です。
この男性ホルモンと薄毛の関係に、注目が集まっています。男性ホルモンのテストステロンは、皮脂の分泌や毛母細胞の分裂を促進します。テストステロンが毛髪や皮脂に含まれる酵素によって活性化されると、毛髪の形成を妨げたり過剰な皮脂分泌を起こします。これらの悪条件が重なり、薄毛が進行します。
男性ホルモンの影響が強いのが、頭頂部と生え際です。薄毛に悩む人は、頭頂部か生え際のどちらかに当てはまるのではないでしょうか。
男性ホルモンの分泌量は遺伝による部分が大きいため、「薄毛は遺伝する」といわれます。つまり「男性ホルモンによる薄毛は遺伝する」と、言い換えられます。男性ホルモンが原因では、手の打ちようがないと思われるかもしれません。
しかし、最近の育毛シャンプーには、発毛の妨げになる男性ホルモンの働きを抑える成分を配合したものがあります。男性ホルモンが原因の薄毛に効果があるシャンプーとして、期待が集まっています。同時に皮脂を取り除くなど頭皮環境の改善にもなるので、試す価値は十分にありそうです。