海藻は薄毛対策に有効か

海藻は薄毛対策に有効か

薄毛対策の1つとしてワカメや昆布、ヒジキといった海藻類を積極的に食べると良いのは、広く知られています。海藻と聞くと、髪に良いイメージが強いかもしれません。
確かに海藻にはヨウ素が豊富に含まれていて、髪の主成分であるタンパク質の代謝を助ける働きがあります。では、海藻を食べれば食べるほど髪の毛に良いのかといえば、そうでもありません。もともと日本人の食生活では、ヨウ素が不足することは少ないそうです。必要量以上に海藻を食べても効果は上がらないので、適度に食べるくらいで十分です。
ただ、海藻には新陳代謝に欠かせないミネラルも豊富に含まれています。積極的に食べたい食品であることに変わりはありません。海藻はもちろん、バランスの良い食生活が大切です。たとえば、髪の主成分であるタンパク質が必要です。タンパク質は肉・魚・大豆・卵・乳製品から摂取できます。1つ注意したいのは、動物性タンパク質は脂質の含有量も高い傾向にあるため、皮脂の過剰分泌につながる可能性がある点です。
植物性タンパク質と上手に組み合わせて食べましょう。頭皮の血行を良くするため、ゴマ・かぼちゃ・人参・玄米からビタミンEを摂取するのもお勧めです。海藻や野菜をふんだんに取り入れた和食を見直して、体の中から薄毛対策をしましょう。